×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャーロック・ホームズの冒険データベース

グラナダTV版シャーロックホームズ & ジェレミー・ブレットファンサイト

まだらの紐 THE SPECKLED BAND

ストーリー

4月の早朝、ホームズに起こされたワトスンが居間に向かうと、美しい女性が椅子に震えて座っていた。彼女の名はヘレン・ストーナーで、サリー州の大邸宅で義父と共に暮らしていた。

ヘレンには結婚を控えた姉ジュリアがいたのだが、夜中に口笛が聞こえ、悲鳴を聞いて駆けつけると、「まだらの紐、まだらの紐よ・・・」と訴えながら発狂死したという。ヘレン自身も結婚を控えていて、屋敷の改築を理由に姉の変死した寝室で就寝することになったが、姉が死んだときと同じ奇妙な口笛が夜中に聞こえてきたので、身の危険を感じてホームズに助けを求めてきたのだった。

依頼人の帰宅後、ホームズとワトスンは捜査に乗り出そうとするが、突然依頼人の義父であるロイロット博士が221Bの部屋に現れて、これ以上詮索しないよう火掻き棒をねじ曲げて二人を恫喝する。

世界で最も有名な短編

ホームズ物の短編の中で、最もポピュラーな一作です。子供向けのホームズ本に必ずと言っていいほど掲載されているくらいです。ポピュラーすぎて数回見ると面白みがなくなっていくかも知れませんが、ドイルの原作が映像で忠実に再現されています。

エンドクレジットでは、本編では見られなかったホームズが毒蛇を追い返すシーンが収められています。なかなか凝った演出方法です。

関連リンク